仮設建築物・構造物の設計、強度計算、構造計算及び構造計算書や強度計算書(例:タワークレーン設置・解体のためのクレーン設置届やクレーン設置報告書における技術検討書等)の作成を請負います。コンクリート及び鋼製構造物のFEM解析(FEA)全般を請け負います。

プログラムの概要

建築、土木及び機械設備架台等の構造設計支援プログラムです。H形鋼の片持ち梁(単一部材)を対象とした応力・たわみ・強度計算(検定値計算)を行うことができます。強度計算は、「日本建築学会 鋼構造設計規準-許容応力度設計法-(2005)」の簡略式に準拠しています。 本サイトで提供しているプログラムは無料で使用できます。本計算プログラムは、可能な限り正確性に配慮して作成しておりますが、弊社は本計算プログラムの結果に係る一切の責任を負担しません。ご利用に際しては予めご了承願います。
■片持ち梁の強度・変形計算プログラム(H形鋼)
プログラム名 バージョン 更新履歴
cantih
Ver.1.0
・2018.4.3:Ver.1.0公開。
- スポンサードリンク -

強度・変形計算プログラム(片持ち梁、H形鋼)

 プログラムが実行されない場合は、「プログラムの開始ボタン」を押してください。
 (二回目以降の計算では不要です)

1.計算条件

:計算条件のリセットボタン
1.1 部材長及び荷重・拘束条件
荷重・支持条件図 ユーザー入力データ
片持ち梁の応力、たわみ、強度計算プログラム(H形鋼)
  • 部材長L(m):
  • 圧縮フランジ支点間距離lb*1(m):
  • 集中荷重P(kN):
  • 等分布荷重w(kN/m):
  • 部材自重:
  • 考慮 無視

    *1部材間に横補剛材が無い場合は、部材長Lと同じ値を入力してください。

    1.2 断面方向・形状、材質および許容応力度
    部材断面図 ユーザー入力データ
    断面図(H形鋼)
  • 断面形状*2
    [H x B x t1 x t2 (r)]
  • 断面方向:
  • 材質:
  • 許容応力度の種類:
  • *2△は流通量が少ないと予想される鋼材です。

    2.計算実行

    <---計算条件変更後は必ず計算実行ボタンを押してください。

    3.計算結果

     下表は読み取り専用です。値の編集はできません。
    3.1 強度計算結果
    曲げモーメントに対する計算結果 せん断力に対する計算結果
  • 最大曲げモーメントMmax(kN・m):
  • 最大せん断力Qmax(kN):
  • 最大曲げ応力度σbmax(N/mm2):
  • 最大せん断応力度τmax(N/mm2):
  • 許容曲げ応力度fb(N/mm2):
  • 許容せん断応力度fs(N/mm2):
  • σbmax/fb(≦1.0):
  • τmax/fs(≦1.0):
  • 判定(曲げ):
  • 判定(せん断):
  • 3.2 変位計算結果
    最大たわみ
  • 最大鉛直変位δ*3(mm):
  • *3曲げ変形による最大鉛直変位。

    4.計算諸元

     下表は読み取り専用です。値の編集はできません。下表の値を確認又は使用する場合は、必ず計算実行ボタンを押した後にしてください。なお、下表には計算で使用していない値も一部含まれています。
    部材諸元 荷重
  • 部材長L(m):
  • 集中荷重P(kN):
  • 圧縮フランジ支点間距離lb(m):
  • 等分布荷重w(kN/m):
  • 部材質量M0(kg/m):
  • 断面特性 材料特性、許容応力度
  • 断面積A(cm2):
  • ヤング係数Es(N/mm2):
  • 断面二次モーメントI(cm4):
  • 基準強度F値(N/mm2):
  • 断面二次半径i(cm):
  • 最大板厚tmax(mm):
  • 断面係数Z(cm3):
  • 許容曲げ応力度fb(N/mm2):
  • 横座屈評価用断面二次半径
    ib*4(cm):
  • 許容せん断応力度fs(N/mm2):
  • 許容曲げ応力度の補正係数C*5
  • *4H形鋼の横座屈を考慮した許容曲げ応力度算定用の断面二次半径
    *5本プログラムではC=1.0と設定しています。

    - スポンサードリンク -